生活関連サービスを先取り
生活関連サービスを先取り

コスト面と安全面で優れた外壁調査

Takaoプランニング株式会社は、赤外線及びロープ打診による外壁調査で多くの実績を持つ会社です。

平成20年4月の「建築基準法第12条に基づく特殊建築物定期報告制度」の改正により、近年外壁調査の依頼が多くなってきていますが、そんな中注目を集めるのが赤外線を使った外壁調査です。

赤外線による調査の場合は基本的に地上からのカメラ撮影で調査を行うため、タイルを1枚1枚打診する従来の打診調査よりも作業時間を短縮できるというメリットがあります。

また、足場を組んだりゴンドラを設置したりするような大がかりな作業を必要とせず、コスト面や安全性の面でも優れています。

一部打診も行われますが、基本的には地上から手の届く範囲なので、建物内で過ごす人が「打診音が気になる」「部屋の中を覗かれた」というような不快な思いをせずに済みます。

建物への影響も少ないため、常に人の集まる病院やホテル、学校などの建物に適した調査方法です。