生活関連サービスを先取り
生活関連サービスを先取り

根腐れ対策に濃縮酵素液を肥料と合わせる

畑の栽培に大事なことのひとつに根腐れ対策があります。

気を付けてほしいのは適度な水分と通気が保たれることです。

株式会社カルテックでは高品質の施肥3原則を提案しています。

それは、カルシウム栄養の豊富な供給や微生物による地力作り、根の深さをつねに維持することです。

根腐れのない強い根にするためには、栽培中は土を掘り、根を見て作物の状態を調べてみるといいです。

作物の根は一晩でガラリと様子が変わり、特に播種・定植後20日間くらいは天候の良し悪しを見ながら注意が必要です。

根腐れ対策として「濃縮酵素液」がおすすめで、根の活力を回復させて萎れや障害の対策にも利用できます。

野菜・花・果樹の葉面に散布します(500倍・潅水には2から5リットル)。

また、追肥としては「畑のカルシウム」や「カルテックCa粒状」を肥料にお使いください。

チッソ追肥の場合は硫安20キログラムがいいでしょう。

微生物効果には「ラクト・バチルス」、有機物としては堆厩肥(ナマ)にあとはチッソ(N)の硫安(複合肥料ならN成分を12から20キログラムが目安)があればまずまずです。