生活関連サービスを先取り
生活関連サービスを先取り

自己資金が少ない場合でも投資が可能

投資にはリスクがつきものと言われていますが、太陽光発電の場合はリスクが少ないなどのメリットがあり注目が集まっています

太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換するソーラーパネルを住宅の屋根に設置する事で、日中の太陽光は電気エネルギーに変換が行われ、発電した電気をパワーコンディショナーでDC/AC変換を行えば住居内で使用する電気、電力会社に売電する電気を作り出してくれます。

太陽光発電で発電した電気すべてを売電する場合には全量買い取り制度を利用する事になります。

全量買い取りは20年間の固定買い取りが可能になるので、最初に決まった金額で毎月一定の収入を得る事が出来るわけです。

投資に掛かるコストは土地代や設備にかかるコスト、メンテナンスなどになりますが、これらの費用は毎月の収入の中で賄う事が出来る、株などのように暴落する事がないため、リスクが小さいなどのメリットもあります。

最近は土地付きの太陽光発電サービスを提供している業者もあり、自己資金が少ない場合でも投資を始める事が出来ます。